人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】全てのものに意味はない!ポジティブに!ユダヤの教え

人生のアウトプット

あらゆる出来事に対して思い悩んでしまう… 

前向きに考えられない… 

そんな悩みを持っている人に読んで欲しいです。 

この記事で紹介する考え方を実践すると、 

ポジティブ思考で前向きに考えられる 

悩む時間とはおさらば!! 

という生き方ができますので是非やってみてください。 

【自己啓発】全てのものに意味はない!ポジティブに!ユダヤの教え 

皆さんはご存じですか? 

世界の人口のおよそ0.2%しかいないのに世界の富の約50%も保有する民族がユダヤ人だということを。 

著名な人物で言うと、理論物理学者のアインシュタイン、 Facebookのマーク・ザッカーバーグ、 映画監督のスティーブンスピルバーグ、 google共同創業者のラリー・ペイジなどの名だたる顔ぶれを世に輩出しているのがユダヤ民族です。 

どうしてそんなことが可能なのでしょうか? 

答えはユダヤ独自の教育論である”ユダヤの教え”にありました。 

全てのものに意味はない 

よく聞くのは反対の意味ですよね。意味があるから目的が芽生えるんだみたいな… 

しかし”ユダヤの教え”ではそうではなく、さらにこう続きます。 

しかし、人が意味づけするまでは。 

深いですよね。つまり、全ての物事には起こったときには意味がなくて、あとから人間それぞれが意味をつける。 

だからいろんなの解釈があるのですね。 

もう一歩踏み込んで言うと、人間は過去の出来事に左右されるような弱い存在ではないことを表しているとも言えます。 

何か出来事が起こってもこれからの人生に影響はないのです。 

良い意味づけと悪い意味づけ 

一つの出来事をとっても人によって意味づけが異なるので、当然良い結果を生む場合と悪い結果を生む場合があります。 

この記事を書いているちょうど今、良い出来事が起こりましたので紹介します。 

私は通勤中の電車内にいます。すると突然駅がまだなのに停車してしまいました。アナウンスでは 

「無理な踏み切りの横断があったので、警報が作動して停車しました。只今安全確認を行っております、しばらくお待ちください。」 

皆さんどうですか? 

私は先ほど良い出来事と言いました。普通なら待ち時間が発生してイライラするところなのでしょうが、私には良い出来事としか思えませんでした。 

だって、考える時間が増えましたし、記事にちょうど良い例に出会えたのですから、めちゃくちゃ嬉しいです。 

ちなみにシートの後ろの人はため息をついていました。 

どうせなら良い意味づけを! 

なぜ、良い意味づけをした方が良いのか。 

それは問題に立ち向かう速度が上がるだめです。 

ポジティブではなく、ネガティブな意味付けをした場合だと、そもそも問題解決に取り組まないこともあります。 

そうなってしまっては人生を楽しくできませんよね。 

一度きりのせっかくの人生です。しかも有限です。 

どうせなら少しでもイライラしないで悩まずにいられた方が自分にとっても良いとは思いませんか? 

普段から考えておくことで変わることが絶対にできます。 

私もネガティブ思考のカリスマみたいな存在で人の悪口が得意でした。 

しかし、このような考えは今ではほとんど出てくることはなく、今まで人のことを考えていた時間を自分に充てることができています。 

どんなことでも良い意味づけすることを意識してみましょう。 

これから起きることにどう意味づけするのか、これからをどう生きるかは、これからを生きるあなた次第ですよ! 

参考資料 

こんな人は是非見てください。

  • 夢を叶えたい人
  • 本当に夢を叶えたい人
  • 絶対に!夢を叶える!!

4つの不労所得で人生を豊かに

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

  この記事を書いた人

まあさる
まあさる
脱サラを目指す30歳ブロガー!
読書・投資・ゲームを嗜みます。自己啓発系アウトプットを中心に記事を書いています。
一緒に記事を書いてくれるライターを募集中!
タイトルとURLをコピーしました