人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】もうやるしかない!ユダヤ式習慣化術

人生のアウトプット

こんな人におすすめ!! 

  • 新しいことに挑戦するのが億劫になる…
  • なかなか新しい習慣が続かない……
  • 習慣化するのにいろいろ試してみたけどだめだ……

そんな悩みは今回紹介するユダヤ式の習慣化術を実践すれば、 

圧倒的効率で身につき、夢に近づくことができます。 

是非やってみてください。 

【自己啓発】もうやるしかない!ユダヤ式習慣化術 

皆さんはご存じですか? 

世界の人口のおよそ0.2%しかいないのに世界の富の約50%も保有する民族がユダヤ人だということを。 

著名な人物で言うと、理論物理学者のアインシュタイン、 Facebookのマーク・ザッカーバーグ、 映画監督のスティーブンスピルバーグ、 google共同創業者のラリー・ペイジなどの名だたる顔ぶれを世に輩出しているのがユダヤ民族です。 

アインシュタイン

どうしてそんなことが可能なのでしょうか?答えはユダヤの教えのある格言と習慣術にありました。 

成果は習慣の連続体の先にある 

”ユダヤの教え”

ユダヤに伝わる格言です。日々の努力の積み上げなくしては成功はあり得ないということです。 

ユダヤ式習慣術では”目的意識”と”強制力”という2つの考え方を軸にしています。 

それぞれ見ていきましょう。 

”目的意識”とは 

目的意識とは自分がどこに向かっているのか明確な目標をもって課題に取り組んでいるかということです。 

目的意識がないと成果を上げることはできませんし、継続することはできません。 

皆さんは「さぁ走れ!」と言われたらどう思いますか?走れますか? 

きっと「どこまで?」と思うでしょう。 

それに目標(ゴール)を決めておかないと別の方向へ進んでしまいますよね。 

その目標もしっかりと明確なものでないといけません。 

いつまでに?どれくらい?なんのために?なし得たら何をするのかまでを明確にすることで目標に向かって進むことができます。 

”強制力”とは 

皆さんは、ダイエットや筋トレに励んだ経験はありますか?叶いましたか? 

叶わなかったひとはなぜそうなったのかというと、強制力がなかったからです。 

ライザップは皆さんご存じかと思います。強制力を取り入れた良いモデルですね。 

強制力とは、やらざるを得ない環境を作るということです。 

ライザップを例にすると、まず一人一人にパーソナルトレーナーがつきますよね。 

人に習慣を管理してもらうことで、もし自分をコントロールできない場合に陥っても抑制することができます。 

そしてもう1つの強制力が高い料金です。 

何十万円という大金を支払うことによって、やらなかったらもったいないという感情を引き起こします。 

まあ、何十万円も支払ったら誰でも続けますよね。 

これら2つの強制力を使ってライザップは結果にコミットしてきます。 

ユダヤ式の習慣術ではアカウンタビリティがトレーナーに当たります。 

アカウンタビリティとは”ASTAR学習法”でも紹介しましたが、結果や成果を見届ける人のことで、的確なアドバイスができるその道のプロがふさわしいです。 

私は目的意識をメンター(勝手に認定)に宣言して、このブログ運営をライターさん達に見てもらうことでやらざるを得ない環境を作っております。 

また、習慣はできることから少しずつ始める必要があります。いきなりレベルの高いところから始めても心がおれてしまいます。 

小さいところから少しずつ始めることを”ベビーステップ”といいます。 

私は読書を習慣づけるときにこのベビーステップを採用しました。 

毎日最低1段落だけ読むということを続けた結果、本を一冊も読めなかった私が今では年間100冊以上の本を読めるようになりました。 

積み上げの力もバカにならないですよ! 

今すぐやる 

いかがでしたか? 

明確な目的意識をもって強制力の効く環境、やらざるを得ない環境に身を置いて小さいところからコツコツ積み上げていく。 

少なくとも、習慣化には3週間の継続が必要とされています。 

最初は慣れなくて辛いですが慣れればなんてことはありません。 

ちょっとずつ始めたら無理なく行えるので是非、夢に向かって進んでください! 

参考資料 

こんな人は是非見てください。

  • 夢を叶えたい人
  • 本当に夢を叶えたい人
  • 絶対に!夢を叶える!!

4つの不労所得で人生を豊かに

  この記事を書いた人

まあさる
まあさる
脱サラを目指す30歳ブロガー!
読書・投資・ゲームを嗜みます。自己啓発系アウトプットを中心に記事を書いています。
一緒に記事を書いてくれるライターを募集中!
タイトルとURLをコピーしました