人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】あきらめないで!!なりたい自分になる習慣術

人生のアウトプット

皆さんにはなりたい自分や目標はありますか? 

悩める子羊達
悩める子羊達

「ダイエットしてきれいになりたい!」 

「早起きして時間を有効に使いたい」 

「タバコをやめたい」

様々ありますよね。 

なりたい自分があるけどなれない!というお悩みの方は、ぜひ最後までご覧ください。 

この記事の内容を実践すればなりたい自分になることが出来ますよ! 

なりたい自分になる習慣術 

いざ、「やるぞっ!」と思っても、すぐに目指しているものになれないのが現実です。 

例えばダイエットをしてきれいになるには方法はたくさんありますが、「痩せる薬を飲む」だけではきれいには痩せない可能性も高いですよね。 

そうして有力な方法をいろいろ考えると、きれいに痩せるには「運動を習慣づける」「食べ過ぎない」「マッサージをする」が有力になってきます。 

これは一度だけではもちろん痩せませんので、継続して行う必要がありますよね。 

さあ、もうお分かりだと思います。 

なりたい自分になるには「良い習慣」を身につけることが必須なのです。 

習慣をコントロールする 

私たちの生活は「有意識」と「無意識」の行動で構成されています。 

「無意識」に行われている行動は既に習慣化されているものなのです。 

皆さんも朝起きたら顔を洗う、歯を磨くなど、ほとんど無意識に行われていますよね。 

しかし、赤ちゃんの時からそうだったかといえば違うと思います。 

歯の磨き方など、成長とともにご両親や先生に教わって習慣化されていったものではないでしょうか。 

習慣とはトレーニングを通して「無意識」の領域に落とし込むことで身につくのです。 

成長の4段階を知る 

習慣を「無意識」の領域に落とし込むには、人が成長する4段階のメカニズムを知る必要があります。 

①無意識無能 

知らないしできない状態。 

②有意識無能 

知っているけどできない状態。 

③有意識有能 

意識すればできる状態。 

④無意識有能 

できちゃってる状態。 

この4段階をクリアすることで人は習慣化をすることができます。 

習慣を身につけられない人は無意識有能の域に達する前にあきらめてしまっているのです。 

無理もありません。②と③の段階とは非常に「不快」な時期だからです。 

例えば2歳くらいの子のイヤイヤ期。 

自分で服のボタンをつけたいのにできないので大泣きしたり怒ったりしますよね。 

成長して幼稚園に上がったくらいにはボタンはつけられるけど掛け違えてしまうので 

意識して一番下から順番にボタンをかけるとできるようになります。 

大人になった今ではボタンなんて手元を見なくてもできる人のほうが多いですよね。 

行動を無意識に落とし込むには「不快」を乗り越えて「快」の状態を手に入れましょう。 

思考をコントロールすると行動もコントロールできる 

とはいえ、人というのは「快」の状態に引っ張られやすいもの、有意識にしている「不快」から逃れ、楽なほうへと走ってしまうのです。 

そんな時は、「あこがれのあの人」や「尊敬するあの人」を想像してみてください。 

人は大体なにか行動を起こすとき、よほどの緊急事態以外は考えてから行動します。 

例えば、ダイエットを決意したのに甘~いケーキが食べたい・・・そんなときです。 

ダイエットに成功したあの人ならここでケーキではなく果物を食べるに違いない! 

そう思うと案外我慢できます。 

「尊敬するあの人ならこんなときどうするだろう」と想像することで思考や行動はコントロールできるのです。 

習慣術を活用してみた 

私も習慣づけたいことがあってこの習慣術を試してみました。 

それは朝のトイレ掃除です。 

トイレをきれいに保っていると、金運が上がるといったり自分自身がきれいになるとよく耳にしますが、私はこういったことを信じる質です。 

しかし、如何せん私は朝寝坊でめんどくさがり屋なのです・・・。 

そのため、「いつもより30分早起きをして毎日トイレ掃除をすることを習慣づける」を目標としました。 

最初はやはり早く起きること自体が「不快」でした。 

トイレ掃除も「毎日やらなくても死なないし・・・」なんて思っていたので、二日目には挫折して二度寝をしてしまいました。 

この時私は「言い訳」という名の「快」に負けてしまいました。 

そんな時に思い出しました。 

私の尊敬するあのYoutuberは毎日「今日もいい朝だ!!」と起床し、「今日もありがとう!」と言いながらトイレ掃除をするそうです。 

私も口にはせずとも心の中で「いい朝だなー」と思いながら起床し、映画「トイレの神様」の歌を歌いながらトイレ掃除をすると、なんとなく早起きが「不快」じゃなくなったような気がしました。 

今でも早起きが億劫に感じることはありますが、私の成長が第四段階目に突入するのはそう遅くないと思います。 

余談ですが、私の夫も大好きなラーメンとビールの回数を減らして痩せるためにこの習慣術を習い、6㎏の減量に成功しました。 

さいごに 

「良い習慣」を身につけるということは、自分自身を見つめ直す良い機会です。 

今こそ悪い習慣を断ち切るべく自分自身と向き合い、なりたい自分となって素敵な人生を育んでいきましょう。 

参考文献

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

  この記事を書いた人

皐月
皐月
幼稚園教諭二種免許
保育士資格
秘書技能検定2級
食品衛生管理者
防火管理者
整理収納アドバイザー2級
クリンネスト2級

ハウスクリーニング起業を目指すライター
タイトルとURLをコピーしました