人生のアウトプット 自己啓発・読書

ライティングを始めるには、何からしたらいいの?【自己啓発】 

人生のアウトプット

 

悩める子羊達
悩める子羊達

副業やスキルアップのために、ライティングスキルをあげたいけど、学ぶ時間がない。

なにから始めたらいいのかわからない。

 

本やネット調べてみたら、専門用語が多くて難しいなと感じ、始めるのを躊躇してませんか? 

この記事を読んだら、もっと気軽にライティングに取り組めるようになりますよ。 

ぜひ一緒に楽しくライティング始めましょう! 

ライティングを始めるには、何からしたらいいの? 

もともと読書が大好きなわたしは、読むだけでは物足りなくなり、自分でもなにか書いてみたい!と長らく思っていました。 

でも、実際書き始めてみようと思っても、「なにを」「どうしたら」の最初の問題が解決せず、長らく一歩を踏み出すことができないでいました。 

いやイカン、なにか手掛かりをみつけるまで、とにかく調べまくるのだ!と意気込んでみたところ、今度は情報が多すぎて絞れない。 

そんな風にどんどん時間だけが過ぎていったある日、クラウドソーシャルサービスのサイトを何となく眺めていたところ、「初心者でもできるライティング」とこのブログの募集が目に入ってきました。 

それはお金を稼ぐことではなく、ライティングスキルアップのお手伝いをしてくれるというのが、主旨の募集でした。 

「これいいかも!」 

そう思い勇気をだして、 

「自分が未経験なこと」「書いてみたい動機」をクライアントにお伝えするメッセージを送ってみました。 

とりあえず書いちゃいましょう! 

すぐにお返事が返ってきました。 

「初心者でも添削してもらえること」 

「アウトプットの場として利用できること」 

この一言(二言)が決め手になり、わたしもこのブログの仲間に入ろうと決め、すぐにワードを開き、パソコンにむかいました。 

なにも頭に思い浮かばない・・・ 

あんなに、何か書きたいと思っていた気持ちはいずこへいってしまったのやら。 

一文どころか、たった一つの言葉すら出てこない状態でした。 

焦ったわたしは、すぐクライアントに相談。 

そしてもらったアドバイスは、 

「ライティングも自転車と一緒でして…とにかく数をこなすことなのでまずはとりあえず書いちゃいましょう!」 

このアドバイスに背中を押されて、どんなものができあがるかはわからないけど、とにかく書いてみることにしました。 

学ぶのはあと 

実際書き始めてみると、途中でなにが言いたいのかわからなくなってしまったり、適切な言葉が思いつかなかったりと、その都度困ったことが起きます。 

しかし、そのようなときはネットで調べたり、過去に読んだ本を読み返したりとその問題にひとつずつ向きあっていくうちに、気が付いたら文章が完成していました。 

もし知識を学んでからでないと書き始められないと思い込み、その勉強に時間を割いてしまっていたら、きっと今頃はなにも完成していなかったと思います。 

ライティングの知識といっても、その人それぞれ必要な知識が違います。 

最初からすべての知識を頭にいれてから始めようとすることは、時間の無駄遣いになるのではないでしょうか? 

とにかく書きながら、自分に必要な知識を後から学ぶということをやってみたら、案外なんとかなるものです。 

さいごに 

どんなことでも、新しいことを始めるには勇気がいりますよね。 

でも、習うより慣れろの言葉がある通り、始めてしまったらなんとかなるものです。 

最初はグダグダ(今もですが)でしたが、書いていくうちにどんどん書く速度も速くなっていき、自分の考えをまとめられる力もつきました。 

その成長を感じられたのは、とても嬉しいです。 

また以前より本を読むのが楽しくなりました。 

作者や著者のいいたいこと、伝えたいことが書き手の立場からも理解できるようになり、インプットのスキルもあがりました。 

もし、やってみたいけど、どうしたいいのかわからなくて、立ち止まってしまっているようでいたら、気負わずに是非とにかく始めてみてください。 

きっとなんとかなりますよ! 

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました