人生のアウトプット 脱サラ・転職

脱サラしようとプログラミングを3か月学んだ結果⇒無理。ハイ!次ッ!!

人生のアウトプット

最近、脱サラしてフリーランスエンジニアを目指す人が増えていますよね。私もその一人でした。 

しかし見事に撃沈!!(笑) 

悩める子羊達
悩める子羊達

プログラミング独学ってどうなん?

めちゃくちゃ難しそう… 

今やってるけどキツいかも…… 

 続けられるか不安。

そんな悩みを抱えて時間をもて余している人はこの記事を読んでもらって、きっぱり諦めて次のことにチャレンジするか、更に奮起して突っ走ってください。 

悩んでいる時間はもったいないですよ! 

脱サラしようとプログラミングを3か月学んだ結果 

まず、私が脱サラしようと思ったきっかけは、ホームの記事を見てもらうとして、

フリーランスエンジニアを目指そうと思ったきっかけは、YouTubeでビジネス系のチャンネルを視聴していると、ぴょこっと差し込まれた広告によって、釣られたからでした… 

一通り広告を眺めて、情報収集したのちに調べていくうちに、プロゲートというオンラインでプログラミングが学べるツールにたどりつきました。 

そこから私の過ちが始まったのでした… 

目的意識が薄すぎた 

まず、取っ掛かりが広告に釣られて「何となく」という理由で始めてしまったのが大きな失敗でした。 

私にはエンジニアとしてこんなものをつくりたい!こんなサービスを提供したいという明確な未来像がなかったのです。 

未来への明確なビジョンがないと自律神経系がそうさせるようにはたらきません。 

例えば、梅干しを思い浮かべると唾液が分泌されますね。

このように未来を想像すると自律神経があたかもそれが現実かのようにはたらきかけます。 

ですので、何かに取り組む時も同様に明確なビジョンを強く・鮮明に思い浮かべる必要があるのに、私にはそのビジョンがなく、芯はスカスカでした。 

プロゲート以降の壁の高さ 

そして、プロゲートというのは本当に素晴らしい学習ツールで、学習者がみるみる自分のプログラミングへの理解度や基礎が定着しているということを実感させてくれるのです。 

html・CSS・Javaスクリプトの講座を終え自信に満ち溢れた私がいざ!案件を取ろうとしました。 

でも、さすがにちょっと恐くなって、1回練習してからにしようと思い、「模写コーディング」というものをしてみました。 

LP記事を選んだのですが、真似るのは一番簡単と言われているものでした。 

やってみた結果が……なにこれ無理やろ! 

今まではプロゲートで言われたとおりにコーディングしていただけの出来レース……

0から作るとなるとこうも勝手が違うのか??と打ちのめされ、ノックダウン。試合終了ですわ… 

エンジニアに拘る必要はなかった⇒なら次次!! 

しかし、よくよく考えてみると私の未来像は 

「今の会社辞めて月収100万円以上の収入をえるための仕組みを作る」 

だったので(「五か年計画」令和元年10月1日施行より)、何になるというよりも「何をする」かということにフォーカスを当てるべきなんですね。 

そこに気づいてからはこの情報発信にフォーカスを当てて現在に至ります。 

あかん!と思ったらすぐに辞めるというのも大事です。諦めも肝心です。 

「諦める」という言葉は本来「明らかにする」というニュアンスで使われていた言葉だとも言われており、私はプログラミングは自分には向かないということを「明らかに」したということですね。 

さいごに 

明確なビジョンを見据えて、それが本当に自分の目指すところなのかを明らかにして、違うならまた選択する。 

それが一見遠回りのようで実は近道なのかも知れませんね。 

プログラミングを一時期学んだなかで得た知識もWordPressでそこそこ役に立っていますし、案外色々手を出すのも悪くはないのかなと思っています。 

とりあえず現段階では、この情報発信は私のなかでしっくりきています。 

それではまたっ 

参考文献 

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

  この記事を書いた人

まあさる
まあさる
脱サラを目指す30歳ブロガー!
読書・投資・ゲームを嗜みます。自己啓発系アウトプットを中心に記事を書いています。
一緒に記事を書いてくれるライターを募集中!
タイトルとURLをコピーしました