人生のアウトプット 脱サラ・転職

転職をして失敗したと悩みを抱えているひとへ

人生のアウトプット

 

悩み、苦しみ、迷ったあげくに決断した「転職」。「挑んだ」のでも「逃げた」のでも構わない。 

あなたは踏み出しました。 

その結果、現在の状況はどうでしょう。あなたは、今回の転職を「失敗した」と思っていませんか?  

転職をして失敗したと悩みを抱えているひとへ 

私自身は、3回転職したなかで「失敗」「成功」「失敗」の1勝2敗で現在は脱サラの身です。 

最初に「失敗」したと思った転職は、家族にお金を残すには「生命保険」しかないか?と思ったほどでした。 

それでも現在は生きてます。 

今回お伝えすることで、転職して「失敗した」と思っているひとを少しでも勇気づけられたらと思います。 

「今日は、なんの日?」→「残りの人生の最初の1ページ」 

最初に「失敗」した転職先は、「賃貸マンションの飛び込み営業」。1日30kmくらい歩いて歩いて、契約はすぐに取れないので、詰められての毎日。 

そんなつらい毎日でしたが、今でも心の糧にしているのは朝礼の際の支店長の言葉です。 

「今日はなんの日だ!言ってみろ!」 

と所員の誰かを指名します。 

最初に聞いた時は、なにかの記念日か?と思いましたが、思い浮かびません。 

当てられた人は、「残りの人生の最初の1ページです!」と答えなければなりません。 

今日は残りの人生の最初の1ページ

いままで、どんなに辛く上手くいかなかったとしても、今日は残りの人生の最初の1日です。さあ、前に向かって進みましょう。 

無傷で成功できない 

転職するということは、現在の職場での自分を98%捨てて、残りの2%で勝負することになる。そういった覚悟はありました。実際、2%もあったかな?といったのが実情でした。 

楽に成功できるなんてことは、世の中どこを探してもありません。 

そもそも「無傷で成功したい」なんてこと自体が甘えた考えであることを再確認しましょう。 

成功するために必要な「失敗」の数 

以前の自分であれば「失敗したらどうしよう」と何かやろうとしても、なかなか行動に移せませんでした。 

どんな偉人もそれに見合った「失敗」の山を積み上げています。 

今では「成功するためには、まだまだ失敗の数が足りない」と思うことで自然と行動力が増します。 

「失敗」することで、また一つ成長できたと思うことにしています。 

さいごに 

転職して「失敗」したと思っているということは、あなたは少なくとも、踏み出して、行動したということになります。 

まずは、そのことを褒めてあげましょう。 

私は結局、自分自身にウソをつかないことを選択してきたように思います。 

その結果、まだまだ「成功」にはほど遠いですが、少なくとも、以前お付き合いしていた人から「明るくなった」と言われます。 

「今日はなんの日?」 

まだまだ、これからですよ。 

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

  この記事を書いた人

すばる隊長
天文学者を目指した頃から、心の広さは宇宙規模。
1天文単位(太陽と地球の距離で約1億5千万km)以下は、すばる隊長にとって、全て「ちっちゃいこと」

サイト紹介「数学レスキュー隊:数学が苦手な人と指導者の方のサポート」
タイトルとURLをコピーしました