人生のアウトプット 自己啓発・読書

ネガティブ感情を克服!メンタルマネジメントで自己啓発

人生のアウトプット

 仕事や普段の生活で

  • 「これって、自分が悪いのかな?」 
  • 「なんだかうまくいってないなぁ、自分が間違っている?」 

と、ネガティブ感情になる時はありませんか? 

「自分のメンタルって弱いのかな、そんな感情を克服したい!」と思いませんか? 

この記事では、ネガティブ感情をマネジメントすることで、自己啓発することをご提案します。 

メンタルトレーニングやコントロールでもない、「マネジメント」することによって、 

ネガティブ感情が生まれても、本来の自分の目的達成へと軌道修正をしていきます。 

悩みに費やす時間が無くなり、時間を無駄にしなくて済むことで、 

業務に費やす時間が増えて、仕事の効率アップにも繋がっていくでしょう! 

メンタルマネジメントで自己啓発 

  • 部下に腹立てたとき・・・ 
  • ミスったとき・・・ 

2つのシチュエーションをあげてみました。順にみていきましょう! 

部下に腹を立てたとき・・・ 

私は若い頃、「仕事は10言われたら12で返せ」と言われてきました。 

望まれた以上のことをやれ、という意味です。 

さて、私の部下は、お願いした仕事を私の希望の60%くらいであげてきます。 

足りない箇所を指摘すると、「これは自分の仕事ではない」と切り返してきます。 

ムカッとしますよね。怒りの一言を言いたくもなります。 

ここは怒りを抑えて、自分を「マネジメント」してきましょう。 

どのようにするかというと、再度、自分の役割は何か?を思い出します。 

自分の役割は「仕事を完成させること」なので、この場合は、部下への指示は明確にするという「マネジメント」を自分にします。 

具体的には、「これと、これをこうしていつまでに提出して」と伝えてみることで、部下は自分の思う完成度に近い仕事をしてくるでしょう。 

部下への指示の出し方をマネジメントすることで、ムカつく時間も減り、仕事もスムーズに進み自分の目的も達成されていきます。 

ミスって後悔、皆の前で叱責された、恥ずかしい! 

ミスは誰もがします。ミスを人前で怒られるとすごく恥ずかしく、不甲斐なさに落ち込みますよね。ネガティブ感情が全開になりそうです。 

こんな時は、過去を振り返って落ち込むことに時間を費やすより、ミスを挽回するプランを考える、というマネジメントをしていきます。 

そうすればミスも最小限に抑えて好転するかもしれませんね。 

最後に 

ネガティブ感情は、怒り、怯え、悲しみ、恐れ、諦めのことを言います。 

感情をコントロールしていくのではなく、マネジメントすることにより 、ネガティブ感情を回避していきましょう 。

  • コントロールは、自分自身の感情を同じレベルで主導権争いをしようとすること。 
  • マネジメントは、一歩上からの自分自身の感情のマネージャーになり、物事を俯瞰すること。 

ネガティブ感情が回避することで、前向きになれる自分と出会えるとことなるでしょう。 

参考文献

ずんずん式★壮絶メンタルトレーニング

タイトルとURLをコピーしました