人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】あなたの劣等感!あなたの魅力に変えませんか?

人生のアウトプット

この記事はこんな人にオススメ!

  • 劣等感だらけで苦しい人
  • 周りの人が羨ましくてしょうがない人
  • ついつい言い訳をしてしまう人

劣等感を上手に使うことで、

あなたの持っている、たくさんの魅力が引き出されます!

魅力溢れる、自分に変わりませんか?

【自己啓発】あなたの劣等感!あなたの魅力に変えてみませんか?

この記事を書くにあたって、私はアドラーの思想を元に書かれた、

嫌われる勇気

                       著者:岸見一郎 古賀史健

を中心に本を読んでいます。

本を読めば読むほど…

戦々恐々とするばかりです。

「あーもうこれ以上、私をいじめないで!」

と独り言が出てくるほど、楽しく読み・学んでいるところです。

何が戦々恐々なの?

正直にお伝えします!

「嫌われる勇気」では、多くの例え話が出てきます。

例え話1つ1つに、

私が今まで感じてきたこと・行動してきたこと、

すべてが恥ずかしくなるのです。

心を丸裸にされるような感覚です…

劣等感・上手くいかない原因。

それらすべてを、私は他者・環境・過去に探して生きてきたのです。

しかし、

これまでの経験は、私の大切な一部であるのは間違いありません。

どうして劣等感は生まれるか?

悩みを消し去るには、宇宙のなかひとりで生きるしない

人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

                             アルフレッド・アドラー

望むモノは人それぞれですが、

自分の望むモノを持っている人をみると、

持っていない自分と、ついつい比べてしまいませんか?

羨ましいな、と感じることはありませんか?

ひどいときには、妬みの感情を抱いてしまう…

私は自分と他者を比べよく、羨ましいとう感情を抱きます。

自分と他者を比べ、劣等感は生まれてくるのです

  • 悩みを消し去るには、宇宙のなかひとりで生きるしない
  • 人間の悩みは、すべて対人関係の悩みである

とはいえ、

私たちが生きる上で、他者と関わらずにいることは不可能です。

それだと、一生劣等感は消えないじゃないか!

そう思う人も多いでしょう。

しかし、

劣等感を持つこと自体は、消して悪いことではありません

劣等感を抱えているからこそ、人は努力をすることが出来るのです。

向き合う相手は誰か?

劣等感は「客観的な事実」ではなく「主観的解釈」

                        嫌われる勇気より抜粋

劣等感は他者との比較で生まれますが、

それはあくまでも、自分が生み出した主観的なモノです。

では、誰と向き合うのか?

答えは1つです。

自分自身

と向き合うのです。

あなたの抱える劣等感はなんでしょうか?

学歴?

外見?

収入?

過去の生い立ち?

さまざまだと思います。

生まれ持ったモノはしょうがない…

その通りです。

しかし、

劣等感はあくまでも、

主観的解釈

です。

主観はいくらでも、自分で変えることが出来ます

あなたがいくらでも、価値を見出すことが可能なモノです。

あなた自身で、価値があるモノに変えられるのです

私は、自分の顔に劣等感を持っていました。

なのでお金を一生懸命貯めて、アッサリと整形をしました。

物理的で極論と、とらえる人もいるでしょう。

変えてしまおう!

その方わたしにとって有意義だったのです。

親からもらった顔を…

そう感じる人もいるでしょう。

私の人生は、

私が責任を持ち、選択・行動するモノです

さまざまな、過去の苦い出来事もすべて、

私は私自身で価値あるモノへと、生まれ変えることが出来ました

言い訳を捨てましょう!

  • 仕事が忙しい
  • 時間がない
  • もう少し若かったら
  • 家族がいるから

などです。

言い訳ではない!

思う人もいるでしょう。

しかし、

本当に言い訳ではないのでしょうか?

私は多くのモノを抱えながらも、行動している人たちを見てきています

そんな人たちを見ていると、

  • 仕事が忙しい
  • 時間がない
  • もう少し若かったら
  • 家族がいるから

これらは、言い訳になりえることだと思っています。

目的を達成するには、行動をするしかありません

向き合う相手は自分自身です。

変わるためには、自分が行動し変わるほか方法はありません

さいごに

私自身多くの劣等感を、抱えて生きてきました。

このまますべてを諦めてどこかへ消えていまおう…

楽をするために、消えることを選択したのです。

過去の出来事がどうであれ、

私は今行動することで、幸せを感じています。

消して楽ではありませんが、

目標に向かって行動することは、とても充実し楽しいモノです!

行動すればするだけ、劣等感からも解放されていくのです。

劣等感を力に変えて、行動してみませんか?

あなたが行動すればするだけ、素晴らしい未来があります!

劣等感は、自分の望む姿・目標です。

自分に必要なモノはもう分かっているのです!

劣等感をそのままにせず、

あなたの魅力に変えていきませんか?

参照

嫌われる勇気 著者:岸見一郎 古賀史健

アドラー流「自信」が生まれる本 著者:岩井俊憲

生き方 著者:稲盛和夫

なんのために学ぶのか 著者:池上彰

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました