人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】マンガで広がる世界!マンガで楽しく学ぼう!

人生のアウトプット

この記事はこんな人にオススメ!

  • 長文はすぐにあきてしまう
  • 長文は苦手・・・でも正確性の高い情報が欲しい!
  • 興味のあることの実態や世界観を知りたい!

正確性の高い情報を手にする方法は、長文が続く分厚い本だけではありません。

マンガを読むことで、

多くの正確性の高い情報を、手に入れることが出来ます!

興味があることの実態や世界観を、簡単につかむことが出来てしまいます!

【自己啓発】マンガで広がる世界!マンガで楽しく学ぼう!

「マンガ」は楽しい娯楽の1つだけでなく、多くのことを学ぶのにとても優秀なツールでもあります。

マンガはネットの情報よりも、正確な情報を手に入れることも出来るのです。

  • その作品が作者の実体験であることも多く、知らない人よりその世界をよく知っている。
  • 作者の興味を持つ世界が描かれている。
  • マンガを描く上で多くの取材をし、正確な情報を元に描かれたものが多い。

楽しみながら学べ、より正確な情報・世界感などを手に入れることが出来ます!

マンガは素晴らしい教科書です!

マンガを教科書にしよう!教科書にする方法

マンガは、万能な教科書・専門書になります!

マンガを教科書にするのに方法は1つ…

「読むだけ」です!

学校では、先生が教科書を使い私たちに教えてくれますね。

マンガには、ストーリーがあります。

先生が教えてくれなくても、ストーリーが先生の役割をはたしてくれるのです!

読むだけで、自然と情報が入ってきます!

マンガのジャンルとして、「ルポマンガ」というモノがあります。

それを読むことで、立派な道徳の勉強にもなります!

人の気持ちを知りたい!

思ったとき。

あなたはまず何から始めますか?

ルポマンガでは、さまざまな人のことを簡単に知ることが出来ます。

マンガで自分の世界を広げよう

自分の将来のことを考えたとき。

その職業の実態や世界観を知りたいと思いませんか?

情報がないまま、足を踏み入れることには恐怖を感じますよね…

そんな時にも活躍してくれるのが、マンガ教科書です!

「○○について知りたい」

思ったときには、その「○○」に当てはまるマンガを読んでみて下さい。

そうすることで、知りたい情報や世界観を簡単に知ることが出来ます!

当然マンガですから、オーバーな表現やリアクションもあります。

どのマンガが自分の役に立ちそうか…

事前の下調べはしてもいいかもしれませんね。

マンガは、自分の世界を広げることにも役立ってくれます!

(オーバーな表現やリアクションは無駄ではなく、私たちの興味を持つことに大いに役立ってくれているのですよ)

将来の目標がみつからなくても、面白いと感じるマンガと出会えばそのことに興味を持つでしょう。

そこから自分の知らなかった世界をみつけ、夢や目標につながることもあります。

大ヒットマンガ「スラムダンク」の連載が始まったとき。

みんなの興味は爆発的に「バスケットボール」へとむき、バスケットボールをする人が一気に増えました。

原理は同じです!

興味から好き、もっと知りたい!

気持ちが動かされていたら、行動を起こすことも簡単になります。

「好きなこと」

それは、人間を簡単に動かしてくれるのです!

知ることでもっと楽しくなる

私はスポーツ観戦が大好きです。

ルールが分からないスポーツでも、テレビでやっているとついつい観てしまいます。

当然ルールを知らないスポーツでは、

・なぜもめているのだろう?

・なぜここでやり直しをするのだろう?

観戦をしながら、疑問がつきることはありません…

好きなので、疑問を持っていても楽しめます!

しかし…

ルールを知っていることで、楽しみは倍増します。

野球・サッカー・ゴルフ・ボクシング・バレーボール・テニス・アメフト

などなど…

さまざまなスポーツがありますが、わたしがルールを覚えたのは全てマンガです!

ただ楽しく読んでいるだけで、意識をしなくても…

自然とルールを覚えているのです。

さいごに

苦手意識のあるものも、「マンガ」という形から入ればハードルは低くなります。

「経済」について、私は勉強をしたことがありませんでした…

「経済」と聞いただけで、拒絶反応が出るほど苦手意識が強かったです…

そんな時も私は楽しくマンガを読むことで、苦手意識を消してしまします。

そして、次に長文の世界へと広げていくのです!

「マンガ」を楽しく読んで、自分の手に入れたいモノを簡単に手に入れてしまいましょう!

参考文献

努力をするな。マンガを読め。 著者:堀江貴文

タイトルとURLをコピーしました