人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】その人脈必要?人脈を捨てる勇気

人生のアウトプット

この記事はこんな人におすすめ! 

  • もっと有意義な人脈を得たい!
  • 今の周りの人脈はちょっと嫌だな…

そんな悩みを持っているあなた!必見です。 

この記事の思考を実践することで… 

素晴らしい人脈を手に入れることができて、あなたの人生がより豊かになり、目標に近づくことができます。 

【自己啓発】その人脈必要?人脈を捨てる勇気 

私が考える”良い人脈”と”悪い人脈”の定義をお伝えします。 

良い人脈:夢を応援してくれる 

悪い人脈:夢を否定してくる 

この記事では、”悪い人脈”を切り捨てることであなたの人生にとって無益な時間を削り、”良い人脈”とできるだけ永くいられるようにして有益な時間を過ごすことを目的とします。 

私は現役の公務員で、来年の3月を目標に脱サラを目指しています。 

ですが、周りの同僚たちはみな私にとってそれほど重要ではない人達で、はっきり言って”悪い人脈”なので、少しでも時間共有を短くするために 

  • 残業はしない 
  • 飲み会は行かない 
  • プライベートの誘いも断る(そもそも誘われる雰囲気を作らない) 

こんなことを徹底しています。 

そして、来年4月からは完全に断ち切る予定で、逆に今持っている良い人脈と時間を共有していきます。 

それでは、”良い人脈”を得られ、”悪い人脈”を断ち切ることができるには、どういうマインドセットを持つのかそして、具体的にどうすればいいのかを説明していきます。 

行動して得るしかない 

あなたの周りは良い人脈ですか?悪い人脈ですか?もし、”悪い人脈”しか持っていない人が”良い人脈”を得ることができる方法は…行動するしかありません。 

自分で探すのです。リアルでもSNSでもいいので、とにかく行動してください。 

私はの場合、前の部署での数名だけの人脈、私が参加しているオンラインサロンでの人脈、私が運営するこのブログ運営コミュニティでの人脈、3つの良い人脈を持っています。 

これらを手にするのにも行動から始まりました。 

同僚に自分の夢を打ち明ける、誰だかわからないアカウントにDMして実際会ってみる、うまくいくか分からないけどとりあえず立ち上げてみる…というふうに行動してきました。 

まずは自分からさらけ出さないと良い関係は生まれません。 

常に行動という思考を忘れないでくださいね。 

悪い人脈は害悪すぎる 

あなたが夢を語ったとしたら、悪い人脈の人たちは必ずあなたの夢を否定します。 

「いつまで夢みてるの?」「お前にできるわけない。」「やめとけ。」などなど… 

そんな人達が周りにいたら、気にするなと言われてもなかなかノーダメージで過ごすことは厳しいでしょう。 

さっさと切り捨ててください!逃げてください! 

「義理もあるし、すぐには切れないよ!」という声が聞こえてきますね。 

でも、よく考えてください。 

同僚や友達が夢や目標に向かっていくことを素直に応援できない人に義理を通す必要がありますか? 

私はないと考えています。 

いろんな意見があるでしょうが、自分の夢を叶えるための障害物は一つでも減らした方がいいです。 

また、「もしかしたら”悪い人脈”の人たちだってまた何かの縁があるかも知れないじゃないか。」っていう声も聞こえてきそうですので、申しておきます。 

少なくともあなたの夢を否定している現段階においては”悪い人脈”はあなたの足を引っ張るだけです。 

夢に向かうあなたと同じような思考をもって初めて、有益な関係を築くことができます。そのときはまた関係を作り直せばいいだけです。 

人は周りに影響される 

人はだれでも周りに影響されるものです。 

なので、積極的に”良い人脈”の傍に身を置くべきです。 

私は、毎日自分のコミュニティのライターさん達と接することで良い刺激をもらっていますし、ライターさん達の目標を聞かせてもらい、勇気をもらっています。 

また、オンラインサロンの方では、私のビジネスモデルについて相談を受けていただいたり、有益な案件をいただいたりと充実した日々を送っています。 

早く”悪い人脈”とはおさらばしたほうが良いとは思いませんか? 人脈を捨てる勇気が大事です。

ほら!そう思ったのなら今すぐ行動ですよ!! 

あなたの道しるべ

こんな人は是非見てください。

  • 夢を叶えたい人
  • 本当に夢を叶えたい人
  • 絶対に!夢を叶える!!

4つの不労所得で人生を豊かに

  この記事を書いた人

まあさる
まあさる
脱サラを目指す30歳ブロガー!
読書・投資・ゲームを嗜みます。自己啓発系アウトプットを中心に記事を書いています。
一緒に記事を書いてくれるライターを募集中!
タイトルとURLをコピーしました