人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】簡単にできる健康管理!

人生のアウトプット

コロナの影響で様々な変化が起こっていると思われます。

特に健康に関しては多くの方が注目し始めていると思います。 

ですが、健康って費用もかかり時間をかけるイメージがあって、気になりつつも手を出せないって方もいらっしゃるのではないでしょうか? 

私もその一人です。 

今回は〝簡単である〟という視点で、日常で行う健康管理の方法をあげて行きたいと思います。 

健康であればたくさんの時間を得る事ができ、自分への投資も増えると思いますので、是非試してみて下さい。 

【自己啓発】簡単にできる健康管理の方法! 

人間には遺伝子レベルで刻まれているいくつものリズムがあるのをご存知でしょうか? 

健康に生きていくために必要な時計遺伝子には、私たち体内のリズムを作っています。 

そしてこの体内リズムは、日常生活と密接な関係があります。例えば、起床・就寝時間、食事を摂る時間など。私たちの普段の過ごし方が健康管理に繋がってくるのです。 

つまり、簡単にできる健康管理の方法とは〝体内リズムに合った〟過ごし方をする事です。 

では、何が体内リズムに合った過ごし方なのかと思われますよね? 

ここでは、日周リズム(サーカディアンリズム)からどのような過ごし方をすれば良いかを見ていきたいと思います。 

朝の過ごし方を習慣化しよう! 

健康的に過ごす上で朝の時間は重要です。 

朝目覚めると、体は休息モードから活動モードへシフトしていきます。 

この切り替えが上手にいかないと体温や血圧が上昇しにくく体が重くて動きたく無くなってしまうでしょう。 

上手な切り替えのポイントは、〝太陽の光〟をたっぷり浴びる事です。 

体内リズムは1日24時間〜25時間であるため、地球の自転とずれます。 

太陽の光はそのズレをリセットしてくれます。 

ズレたままだと時差ボケになり体調を崩してしますので、簡単ですが大切な事です。 

また、夜気持ちよく寝る為にも必要になってきます。 

太陽の光と浴びるとセロトニンというホルモンが分泌され活動的になりますが、夜寝るためのホルモンであるメラトニンの生成材料にもなるため、寝る為にもしっかりと起きる事が大切です。 

是非1度試してみて下さい。これだけのことですが、気持ちのよい1日を過ごし事ができます。休みの日に昼まで寝て過ごすよりもスッキリです。 

朝ご飯を習慣化しよう!

太陽の光で切り替えたら、朝食をしっかり食べましょう。 

体内リズムには親時計と子時計があり、脳の視交叉上核にある親時計が太陽の光でリセットされると子時計である各臓器も動き出します。 

朝食を取る事で各臓器も活発化、体温が上昇し、体が目覚めます。 

体温が上がるのは活動を支えるために栄養素の分解量が増えるからです。 

1日を過ごすためのエネルギー源となる朝食は、糖質・タンパク質・ビタミン・ミネラル・食物繊維とバランス良く食べる事が重要です。 

ちなみに、良くダイエットで朝食を抜くと耳にしますが、逆効果になります。 

朝食を食べないと内臓にある子時計が活性化しないので体内リズムが乱れ、体が活動を抑えようとしてエネルギーを脂肪に蓄えようとしてしまうのです。 

また、朝食を食べないとエネルギー供給不足になり、体が不足分を補うために筋肉のタンパク質を分解しようとします。 

結果、筋肉が衰えて基礎代謝が減少して太ってしまいます。 

残念ながら、身をもって実証済みです…… 

尚、夕食は糖質控えめをお勧めします。夜は体の休み時間なので、エネルギーを蓄えます。夜に食べると太る、はこれが原因です。 

もし忙しくてしっかり朝食を取るのが難しい場合は、フルーツグラノーラとヨーグルトの組み合わせやシリアルバーなどがオススメです。また、夕食も遅くになりがちであれば、早めに主食・夜におかず中心などにする分食がオススメです。 

当たり前のことの大切さ

如何でしたでしょうか。 

恐らく、大半の方は当たり前に過ごしていた記憶があるのではないでしょうか? 

私は、社会人になってから不規則な生活になり改めて健康に興味を持ち調べた結果、子供の頃当たり前にやっていた事を今一度行えばいいのだと知って驚きました。灯台下暗しとはこのことか、と。 

自身でも生活リズムを整えてみましたが、不規則な習慣から戻すまでに意外と苦戦しました。行動自体は簡単なのですが、始めた頃は習慣の魔力に引っ張られてしまいますね…… 

朝食を取るために最初は食べやすいものを用意しておいたり、朝日を浴びるために一部カーテンを開けたままにしてみたり。結果良い習慣ができれば、心身ともに気持ちの良く過ごせました。 

1度乱れた体内リズムを元に戻すには約1日かかるので、乱れた状態が2〜3日も続けば体調に影響が出てきます。 

今世の中には魅力的なものが溢れているのでついそちらへ目が向いてしまいがちですが、体調に大きな影響が出ないように健康管理として習慣に入れてみて下さい。 

参考文献

 一般財団法人全国健康管理能力検定協会 「健康管理能力検定3級テキスト」 2019年第3版 

タイトルとURLをコピーしました