人生のアウトプット 自己啓発・読書

【自己啓発】相手を不快な気持ちにさせないために伝え方を工夫しよう

人生のアウトプット

お願い事をする。 

  • 相手の負担を増やしてしまう…

  • 不快な思いはさせたくない
気が引けてしまいますよね。そんな時は、相手にどう伝えるかを工夫してみましょう。 

工夫1つで、相手の不快な気持ちを取り除くことが出来きます。 

そして、あなたの気が引ける思いも消えてくれます。 

【自己啓発】相手を不快な気持ちにさせないために、伝え方を工夫しよう

相手に少しでも気持ちよく引き受けてもらいたい! 

不快な気持ちにさせたくない! 

伝え方を工夫すると、相手の不快な気持ちを取り除くことが出来ます。 

相手へのメリットに、することも出来るようになっていきます。 

あなたの工夫1つ。 

相手を不快に気持ちにせず、相手のメリットへと変えることが出来る! 

どんどん工夫をしていきましょう。 

丁寧な言葉だけでは、相手の気持ちは動かない 

丁寧な言葉だけで、相手の気持ちを動かすことは出来ません。 

「面倒事が増えた」 

気持ちになにも変化は起こりません。 

伝える言葉を工夫しなければ、相手の気持ちに変化は起こりません。 

大切なことは、相手を思う気持ちです。 

  1. 頭で思ったことをそのまま口にしない。 

「お願いします」、これはあなたのメリットでしかありません。 

  1. 相手の頭のなかを想像する。 

まず、自分のお願い事からいったん離れましょう。 

相手は何が好きなのか、嫌いなのか、考えられる相手の全てを考えましょう。 

  1. 相手のメリットと一致するお願い事を作り出す。 

お願い事は、相手を中心にして考えるとが大切です。 

お願い事の中心は「相手」であることを忘れない 

上司からの「これやっといて」は、断ることが出来ません。 

しかし、同期や後輩のお願い事は、必ずしもそうとは限りません。 

選択をするのは当然、相手です。 

なぜあなたにお願い事をしたのか。 

相手のメリットを満たす言葉を作り、相手との良好な関係を気づきあげましょう。 

例えば、人間は承認欲求の強い生物です。 

「あなたにお願いをすれば、素晴らしいものが出来上がる!」 

このひと言があるかないかで、相手の気持ちに変化が起こります。 

「あなた」を認めている。 

その事実を付け加えることによって初めて相手の気持ちが動くのです。 

相手を中心に言葉を作ると、自分の気持ちも楽になる 

私は、お願い事はこちらがする一方的なもので、相手にとっては迷惑なことでしかないものだと思ってきました。 

相手を不快にさせたくない・・・ 

どうすれば少しでも不快な気持ちにさせないのか・・・ 

悩み続けてきました。 

  • 言葉は作ることが出来る 
  • お願い事の中心は相手であること 

これを学んだとき。 

とても、心が軽くなりました。 

さいごに 

お願い事をするときは、自分のメリットを満たすのではなく相手のメリットとなる言葉を作りましょう。 

「あなただから、素敵なものが出来る!」 

今回は承認欲求と言う1つの例えだけでしたが、相手のメリットを作り出す方法は他にも沢山あります。 

お願い事の中心は、相手である。 

このことを忘れずに、常に相手の気持ちを日頃から考える、観察していきましょう。

参考文献


伝え方が9割

気に入ったらどちらかポチっと!

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

人気ブログランキング

タイトルとURLをコピーしました