人生のアウトプット 自己啓発・読書

自己啓発で仕事での面倒くさい人間関係を断ち切りストレスフリーになろう

人生のアウトプット

職場での人間関係ってめちゃくちゃ面倒くさいですよね・・・

あの人にもこの人にも頭を下げて楽しくもないのにいつもニコニコ、周りからの評価を気にするせいで、知らない間に他人の価値観に生きて自分を見失う。

そんな負のスパイラルに陥っていませんか。

私もそうでした。

ですが今はある考え方(心理学)と出会い、職場の人間関係においてはストレスフリーだと感じています。

私が出会いそして実践する心理学とは

アドラー心理学

です。

ご存じの方もおられると思います。

実践するにあたって私の考えとしては、

絶対に変わるんだという勇気

がない方はいつまでたっても変われずに、変わらない理由ばかりを追い求めて人間関係に絡めとられて生涯を終えていくでしょう。

アドラー心理学は相手に変化を求めるものではなく自分が変わる使用の心理学であり、

勇気の心理学です。

それでは私が実践中の思考を書き残していきます。

過去にはとらわれない

嫌な思いもしたけどそれでもいい思い出だったな、とよく人間は自身の過去を肯定しようとします

今の自分を肯定しようとするには過去を肯定するしかないからです。

それが過去の過ちを受け入れて奮起させるための積極的な肯定なら望むところなのですが、

ほとんどの場合がその逆です。

いわば現状に甘んじるため、今までの自分は正しかった、とその当時の思考を抑えて無理やり消極的に肯定することで満足しようとするのです。

その方が楽ですからね。

この考えは過去に重きを置く、原因論を採用している限り抜け出すのは至難の業でしょう。

アドラー心理学では、原因論と対局の考え方にある目的論を採用しています。

例えば、内気な性格の人がいてなかなか人と話せないとしましょう。

これを原因論ではこの人は、

内気だから人と話すことができない

ということになるでしょう。

しかし目的論ではその先の目的を見逃しません。

つまりこの文脈から内気な人の目的は、

人と話したくない

であり、

その目的を達成するために内気な性格のせいにしているのです。

とても厳しい意見に聞こえますが、実はそうでもありません。

原因論を採用していては、ここでいう内気な人は未来永劫

その性格がある限り人と話すことはままならないでしょう。

人は過去に生きているのではなくて、今に生きているからこそ、今から変わることができる

与えられるのを待つのではなくて与えられたものをどう使うか、内気な性格は言い換えれば人に思いやりが持てる性格なんだ、と考えて歩み寄ることができるかもしれません。

過去や自分に与えられた環境や境遇によって、自分を決めつけそれに縛られていたらいつまでたっても理想は実現しません。

それよりもこの過去や境遇を今どのように使うかにフォーカスをあてるべきで、人は過去などの原因に縛られないで生きることができるということなのです。

今の状況を欲している

もし理想の自分に変わりたいけど前に踏み出せないという状況なら、それはその変われないという状況を欲しているということです。

誰ひとりとして悪を欲する人はいない

これは有名なソクラテスのパラドクスです。

この場合の悪とは自分のためにならないということであって、道徳的な意味はありません。

誰も自分のためにならないことは欲しないということです。

ということは変われないことを欲しているのです。

もっと踏み込んで言えば、変わりたいけど変われない理由を境遇や人のせいにしている、 

それらの理由を欲しているのです。

ではなぜ変われない理由を欲する必要があるのか、それは変われないのを境遇や他人のせいにすることで、こうでなければ変わることができるのにという可能性の中で生きることができるからです。

もし、もっと社交的な人物になりたいと思っているのであれば、人と会話をするという行動をしなければなりません。

ですが、そんな勇気のいる行動をとるよりも、今ある娯楽や道楽に身を興じる方が楽だから変わらなくても良しとしているのです。

人間関係をストレスと感じなくなるにはまず自分が変わらなければなりません。

過去の原因に囚われている現状を良しとしている限り変わることはできません。

私のことを気にしているのは私だけ

人は自分のこと以外にはあまり興味はありません。

相手の話を聞いている間にも今朝気づいた自分のほっぺのニキビのことのほうが気になっているのです。

なのに好意を寄せている人ならまだしも、そうでもない人に対してどうして興味を抱くことができるでしょうか。

つまり人は周りの目を気にしすぎです。

万が一自分のことを見定める人がいたとしても、その価値観に合わせる必要はありません。

なぜなら、その人が自分のことをどう思おうとその人の自由であり、自分ではどうしようもないからです。

それに気に入られようとその人の価値観にあわせていると、自分の基盤となる部分が揺らいで自分を見失います。

そうではなくて自分の価値観の中で生きていけば良いのです。

ほとんどの人には理解されないかもしれません。

しかし理解されない方が普通だと思っておけば大したことではありません。

しかも少なからず自分の価値観に同意してくれる仲間が現れます。

その仲間を大切にしていけばいいのです。

所詮は仕事という利害関係で成り立っているだけなのですから、勤務時間が終れば切り替える、

いざとなれば切れるという関係です。

もし仕事での関係で面倒くさいと思うような関係なら、いつでもこっちが切れるんだという気持ちで臨むのが良いと思います。

そうすれば主導権はこっちが握っているから気持ちはかなり楽になるはずです。

さいごに

・過去には囚われない

・今の状況を欲している

この2つを念頭に置き変わる勇気をもったうえで、

・私のことを気にしているのは私だけ

思考を実践することで私は職場の人間関係はストレスフリーに感じています

また実践していく中で新たな気づきがあれば書き残します。

それではまたっ

参考文献

嫌われる勇気

幸せになる勇気――自己啓発の源流「アドラー」の教えI

  この記事を書いた人

まあさる
まあさる
脱サラを目指す30歳ブロガー!
読書・投資・ゲームを嗜みます。自己啓発系アウトプットを中心に記事を書いています。
一緒に記事を書いてくれるライターを募集中!
タイトルとURLをコピーしました